おひさま不動産の経営理念 | 成田空港周辺の不動産(戸建て・土地・事業用・倉庫)は【おひさま不動産】

  • 10:00~18:00
  • 毎週水曜・日曜
  • 来店予約
  • 会員登録
  • おひさま不動産の経営理念


    経営理念って、わかりずらいですか?
    当社の経営理念は、とってもわかりやすいです。
    どんな思いで日々、経営に励んでいるのか、その思いを綴りました。
    コーヒーブレイクのおともにお読みいただけると、嬉しいです。



    人と不動産の縁を結び、住みよいまちづくりに貢献する

    これが、当社の経営理念です。

    不動産との出会いは、結婚に似ています。

    ずーっと前から赤い糸で結ばれているけれど、その赤い糸で結ばれた相手(不動産)がいったいどこにあるのかわからない。そんな時に「はい、あなたの赤い糸を手繰り寄せると、この不動産ですよ」とおせっかいを焼くのが、当社の役目だと思っております。

    多くの人が、よき不動産とのご縁を得て、快適な暮らしをスタートさせ、企業は営業活動を活発化させられるような場所に拠点を持つようになれば、街は良い方向に変わっていくと思っております。


    この経営理念を実現するために、当社は次の3つのことを実践していきます。
     

    1つの空き家、1つの空き地を再生することから一歩ずつ着実に、まちを良い方向に変えていきます。

    • 当社は、小さな町の不動産屋です。大規模な開発はできません。

      それでも、1つの空き家、1つの空き地を地道にコツコツと再生していけば、きっとまちを良い方向に変えていけるはず、と確信しております。

      まだ創業間もない頃、当社は畑の真ん中でひっそりと産声を上げました。それから少しづつ、近所に住んでいらっしゃる方々からお声がけいただき、空き家の仲介や買い取り、空き地や畑、山林の仲介などをしてきました。

      それから数年後、ふと気づいてみると、ボロボロだった空き家はキレイにリフォームされて人が住み、子供のにぎやかな声が聞こえてきたり、草ボーボーだった空き地はキレイに舗装され、事務所が建ち、人が活発に出入りしています。

      1つの空き家、1つの空き地を地道にコツコツ再生していった先には、きっとまちに希望の光がともります。
      当社はそのような仕事をしていきたいと、願っております。
       

       

      誰もやりたがらないけれど必要なこと、誰かが必ずやらなければならないことにこそチャンスと価値を見出し、積極的に取り組みます。

      当社は、ボロボロの空き家を買い取り、リフォームした上で貸しております。
      これについては、このホームページの「買い取り」のページにも詳しく説明しておりますが、これが当社で最も力を入れている事業です。

      実家を相続しても住む予定がない、親が大量に残した荷物を片付けないで売りたい、と悩んでいる方は大勢いらっしゃいます。

      当社は主に、こうした事情のある空き家を、荷物を片付けることなく、そのままの状態で買い取っています。中には、複数の買い取り業者や不動産業者に断られ、最後に当社にたどり着いた、という方もいらっしゃいます。

      こうした空き家をリフォームし、当社は主に”住宅困窮者”に貸しています。たとえば、生活保護の受給者、高齢者、大家族(10人家族など)、大型犬を複数頭飼っている、といった方々です。このような方々に家を貸してくれる大家さんは滅多にいないため、当社は入居者様から大変お喜びいただいております。

      誰も買いたがらないボロボロの空き家を買い、誰も貸したがらない住宅困窮者に対して積極的に家を貸す、というのが当社のスタイルです。

      それにより、空き家の所有者も、入居者も、当社も、みんなハッピーになれます。

      これからも、誰もやりたがらないけれど、誰かがやればみんながハッピーになれる仕事があれば、積極的に取り組んでいく所存です。


       
      長生きする会社を目指します

      企業の寿命は30年とも、それ以下ともいわれる時代になりました。そんな中、当社は長生きして、当社を選んで下さったお客様に、継続的にサービスを提供していきたいと考えております。

      そのために、当社は2つのことに力を入れております。
      1.ストックビジネスに力を入れる
      2.複数の財布を持つ

      ストックビジネス、というのは、毎月必ず収入が得られるビジネスで、当社の場合は自らの賃貸物件を貸すこと(大家業)と、賃貸管理がこれに当てはまります。

      たとえていうならば、ストックビジネスというのは”農耕民族”のようなもの。種をまき、手入れして、秋には必ず収穫できるというのが、農耕民族の特徴です。

      古今東西を見渡してみても、繁栄しているのは狩猟民族ではなく、農耕民族です。当社は長生きするために、それを目指します。

      また、当社は複数の財布を持つこととし、事業の”選択と集中”はしません。

      当社のビジネスは、賃貸管理、大家業、不動産仲介業、新築、リフォームです。その周りに、細かなビジネスがいくつかあります。それを今後も、続けていきます。

      経済の仕組みはより複雑化してきており、災害も頻発する中で安定的に経営を続けていくには複数の財布が必要だと実感しております。

      当社は複数の財布を持つことで、冬の時代が来て、いくつかの財布に全くお金が入ってこなくなっても、残りの財布に入ってきたお金で何とかしぶとく生き延び、長生きしたいと思っております。そして、住みよいまちづくりに貢献し続けます。



       


PAGE TOP