【中古住宅】横芝光町 田舎特有の”ある問題”を解決して売却に成功『』横芝光町 周辺 | 成田空港周辺の不動産(戸建て・土地・事業用・倉庫)は【おひさま不動産】

  • 10:00~18:00
  • 毎週水曜・日曜
  • 来店予約
  • 会員登録

|横芝光町 の不動産売却成功事例

 

物件種別:
エリア:横芝光町
間取り:3DK
土地面積:約50坪

売却成功のポイント

どこの田舎もそうなのかはわかりませんが、当社の近隣では、”ブローカー”と呼ばれる方々が結構いらっしゃいます。ブローカーとは何なのかというと、宅建免許(不動産業を営むにはこの免許が必須)を持たない個人が、不動産の取引に入り込んできて金銭的な対価を求める、というものです。どんな方がブローカーをしているのかというと、田舎の場合、誰でもチャンスがあればなったりするのがやっかいなところです。
この売主さんの物件も、そのような物件でした。

ある日、知り合いの建設業者さんから「こんな物件があるんだけど、売ってくんねぇか?」と頼まれたのですが、その後この方はすかさず、「そんでよぉ、これ、5人入ってっから、一人10万として50万円のっけて売ってくんねぇか?」とおっしゃるわけです。そんなこと、できるはずもありません。それでもこの方は、「売主の親戚から頼まれたんだから、大丈夫だろう」と食い下がります。売主様の了承を得ているのであればよいと回答すると、「それは困る」と言います。内緒で、50万円をせしめようというわけです。このようなことを考えている人が本当に多いのが、田舎です。

結局、売主様に直接コンタクトを取り、私に話を持ってきた建設業者を知っているか聞いてみると、「そんな人、会ったこともない」と言います。では、親戚に売却を依頼したのかと聞いてみると、「依頼はしていないけれど、売却したいという話はした」との回答。親戚だろうが何だろうが、隙あらば入り込んできたりするわけです。私は、そのような場面を数多く目にしてきました。これから田舎の不動産を売却する方は、気をつけて下さいね!

話が横道にそれましたが、売主さんと直接やり取りをして、ご自宅の売却に成功。50万円上乗せしなくて済んだ分(まあ、最初からそのようなつもりはないわけですが)、割安に売ることができ、それが早期売却につながりました。

PAGE TOP