成田空港周辺の賃貸管理はおひさま不動産へ

アパート、店舗など空き室でお困りの大家さんへ

多古町のおひさま不動産

営業時間10:00~18:00定休日毎週水曜・日曜

空室や滞納、その他賃貸管理でお困りのオーナー様へ

    
    

成田空港周辺のアパート管理、貸家管理は、おひさま不動産にお任せ下さい!

 

多古町のおひさま不動産は、成田空港周辺のアパート管理、店舗物件管理、貸家管理を多く扱っております。現在アパート、貸家の入居率は、自社物件も含めて97%です。空き室等でお困りの大家さん、店舗が空いてしまった大家さん、貸家をお持ちの大家さん、または、空き家を貸そうと思っている所有者の方はおひさま不動産にご相談下さい。

100年

最近は、人生100年時代と言われるようになりました。一方で、老後の生活を支えてくれるはずの年金財政は危機に瀕しており、長生きは幸せなことどころか、リスクだとまで言われるようになっています。

 

そんな中、老後の年金代わりにするために不動産投資を始める方が増えてきています。かぼちゃの馬車の事件があってから下火にはなりましたが、それでも当社には、500万円以下のなるべく安い中古の一戸建てを投資目的で買いたい、という方からの問い合わせが結構あります。

 

ただ、誰もが不動産投資をして成功するわけではありません。成功しなければ、老後の年金代わりにならないばかりか、虎の子の財産を失ってしまいます。

 

私も、今でこそ不動産会社を経営し、不動産についての専門知識がありますが、20年前に夫と二人で不動産投資を始めたときは、不動産の知識は全くありませんでした。

 

1棟目に買ったアパートはサブリース付きでしたが、契約家賃は年々下がっていったばかりか、入居者が退去するたびに多額のリフォームを強いられるようになっていきました。

 

2棟目に買ったアパートは、遠方にありました。あまり詳しいことはわからないので、収益率だけしか考えずに買ってしまったのですが、そこはなんと、無道路でした。しかし、仲介の不動産業者2社と売主である不動産業者ともに、そのことを私たちに説明せず、重要事項説明書には道路にきちんとついていると記載されていたのです。

 

しかし、当時は私も知識がなかったので、無道路のアパートを買ってしまったなどとは夢にも思いませんでした。万が一無道路の土地だと言われても、それが何を意味すのかさえわからなかったことでしょう。その意味と深刻な状況であることを知ったのは、私が宅建免許を取得し、不動産業を開業した後でした。

 

今の私の座右の銘は、知は力なり です。知識がなければ損をします。

 

とはいっても、不動産投資をする人すべてが不動産屋ではないわけですし、不動産屋と同じレベルの知識を身につけることは不可能に近いです。

 

だからこそ、当社は不動産の知識のない方でも安心して不動産で資産を形成できるよう、お手伝いがしたいと思っております。

 

 

強み

自らが賃貸経営を積極的に行っています

485712

これが、当社の最大の強みです。

 

大家さんの気持ちは、自分が大家さんでなければわかりません。表面的にはわかるかもしれませんが、本当のところは、自分が大家として苦労していなければわかるはずもありません。

 

なぜならば、管理会社は自らリスクを取って物件を取得するわけでもなければ、身銭を切って物件の維持管理をするわけでもないからです。

 

そして、オーナー様と管理会社とは利害が必ずしも一致するわけではありません。満室になれば、オーナー様も管理会社も利益が増えますので、この点は利害が一致します。でも、たとえばリフォームについてはどうでしょう? 管理会社はリフォームをしてもらった方が利益が増えますが、オーナー様は違います。

 

もちろんこれは、リフォームするのはよくないことだ、という意味ではありません。そうではなく、自分が大家さんであれば、本当に必要なリフォームを、できるだけ安く行うことを考えますが、管理会社はそこまで考えてくれな場合がある、ということです。

 

たとえば、田舎の物件の場合、駐車場が止めずらいこと、台数が少ないことは、家がボロ屋であることよりも深刻な問題です。ボロ屋で駐車場が3台の物件と、キレイにリフォームしてあるけれど軽自動がやっと止められる駐車場が1台の物件ならば、前者の方が入居者が決まります。

 

当社では、自らもボロ屋どころか、ごみ屋敷を買ってリフォームしたり、廃屋のようなアパートを買ってリフォームし、満室にしてきました。だからこそ、どんなリフォームが本当に必要か、必要でないかがわかります。

 

自らあちこちに買った貸家やアパートに入居者を入れてきたからこそ、どのようなニーズがあるのか、どうすれば入ってくれるのかがわかります。

 

もちろん、たくさんのアパートを長年管理している管理会社だって、こうしたことはわかっているとは思います。それでも、管理会社とオーナー様とで利害が必ずしも一致しない部分がある以上、そして身銭を切って投資をしていない以上、オーナー様の気持ちは本当のところはわからないのではないか、と思うのです。

 

当社の強みは、自らが身銭を切り、ボロ屋を一生懸命にリフォームし、客付けしてきた苦労の中にこそあると自負しております。

 

 

地元だからこそ、地元の賃料相場を知っています

596600

オーナー様が意外と気づいていないことですが、地元の賃料相場は地元の不動産業者が最もよく知っています。

 

というのも、今も昔も、入居希望者は地元の不動産業者に問い合わせをするからです。インターネットで物件情報が手軽に検索できるようになった現在でも、それは変わりません。

 

当然のことながら、しょっちゅう物件の案内をしている地元の不動産業者は入居希望者から賃貸物件に対するニーズを常に直接聞いているわけですから、自ずとどういう条件の物件ならいくらで貸せるのか、熟知するようになるとうわけです。

 

当社にも、「全然空室が埋まらないからどうにかしてほしい」というオーナー様からの相談が結構あります。このような場合、よくよく話を聞いてみると、相場を無視した賃料で入居者を募集していることが多いのです。もちろん、オーナー様が「この家賃じゃなきゃいやだ!」と頑張っているのであれば仕方ないですが、そうでない場合がほとんどです。

 

というのも、オーナー様は大抵、物件の近くの不動産業者ではなく、自分が物件を購入した不動産業者や、自分の近所(物件の近所ではない)の不動産業者に管理を委託していることが多く、不動産業者が最新の賃料相場をわかっていません。

 

これでは、空室が埋まらなくて当然。当社では、こうした物件をお預かりし、満室にしてきた実績が多くあります。

 

地元だからこその客付け力

075544

地元の強みは、賃料相場を知っていることだけではありません。

 

当社の場合、成田空港という土地柄、観光バス会社や運送会社のお客様が大勢いらっしゃいます。

 

これらの会社が従業員用にアパートを借りる場合、当社にお声がけいただいております。それ以外にも、農家が研修生用のアパートを探している場合や、地元の企業が事務所や倉庫などを探している場合など、直接お声がけいただき、物件をお探ししています。

 

こうした場合、どこの不動産業者でもそうですが、自社で管理を委託されているオーナー様の物件を真っ先にご紹介します。ですので、管理費を節約するために自分で管理することは、お勧めできません。自分で管理した方が管理費は節約できますが、それによって入居者を紹介してもらえないのでは、何のための節約かわかりません。

 

以前、当社で買ったアパートの一室は、10年間開かずの間でした。なぜそのようなことになってしまったかというと、オーナー様が自主管理をしていたため、不動産業者から入居者を紹介してもらえなかったからです。

 

オーナー様が不動産業者に入居者募集をお願いして回ったとしても、不動産業者からすれば、自社で管理している物件の入居者を決めることが先なので、後回しにされてしまいます。

 

このような理由から、自主管理はよほどの大都会で家賃も高く(=仲介料が高い)、人気も高い物件でない限り、決してお勧めできません。田舎の、家賃3万円から5万円程度の物件の客付けだけをしてくれる不動産業者は、ほとんどないと言えます。

 

というわけで、当社に管理を委託していただければありがたいことではありますが、そうでなくても、地元の気の合う不動産業者に管理を委託することをお勧めします。